GPZ900R リアサスのお話

  • 2013.02.15 Friday
  • 10:48
 昨日2月14日は
風邪の為ダウンしてました
(´;ω;`)ブワッ

ご連絡頂いていた人達ごめんなさい

薄れ行く意識の中
何度かこんな電話の音が

(とぅるるる・・かゆ・・うま)

(とぅるるるる・・かゆ・・うま)

聞こえてましたが・・・

出れませんでした
|ω;`)


とりあえず完治したので!
今日から復帰してます
(`・ω・´)シャキーン

本当なら13日の休日に
走行して調子を見てうp予定だったサスネタを
(´;ω;`)ブワッ

第一弾として紹介しときます



右が、私の長年使ってるオーリンズT4で
左は、今弊社で開発中の
ナイトロンレースプロのニンジャ用

今回、私のオーリンズはOHのついでに
いつもお世話になっているオクムラさんの勧めもあり
バネをハイパーコイル製85Nにしてみました

スプリングの色が変わると
もう何のサスだかわからなくなりますね
(;^ω^)

17インチ用のオーリンズは、
サスペンションに詳しいショップさんなら
どこで聞いてもバネレートが合っていないと
言われると思いますが

結構人間なんてアバウトなもので
いけると思ってるといけたり

ダメだと思い出すと急に
「あーやっぱりほら」
みたいになったりするものですw

だから必要以上に
情報に踊らされる必要はないと思いますが

今の17インチレース用オーリンズRサスの
75Nは、ストリートオンリーと割り切っても
レートが柔らかすぎると私は思います



サーキットメインで使われるような方は
95〜110Nとか使うらしいですしおすし
(最近の1LクラスSSのRサスは大体100N超えてますね)

もしくはレース用なんだから
バネくらいは何種類か用意して
好みのものに変えてね^^^^^^
ってことかも知れませんね
(´・ω・`)

18インチ用のバネは
車体に、ほぼちゃんと合ってるんです

大昔、まだBBSがあった時代に、
ヘビーにカスタムしない人は
18インチ用のリアサスをオススメしてた理由も
コレだったりします


そして、もう一つのRサス
ナイトロンレースプロ

最近ブイブイ言わせてますよねナイトロン
細かなセッティングに対応してくれるのがありがたいです



これは仮組み状態のボディを
メーカーに送って頂いて動作チェックをしてる所です

オーリンズTTXを装着したいニンジャオーナーは
それなりにいるようで
稀にお問い合わせ頂きますが

そもそもTTXの車両設定がないので
コの字アームもワンオフしなきゃいけません
(´・ω・`)

長さも違うし
レバー比も0からセットしなおさなきゃなので
相当煮詰めないと
その辺の、ちょっと長い()純正流用Rサス
つけてるのと同じレベルになってしまいます

その上飛び出たタンクはフレームにあたりますので
その部分の加工&バッテリーボックス小型化&移設
その辺まで入れると
総額40万円コース・・・orz
ちょっと現実的に厳しいですねー
('A`)ヴァー


けれど
今開発中のナイトロンサスなら
TTXとほぼ同性能、もしくは
(高速低速の調整ができる分)ちょっと上?
の性能を、ボルトオンでしかも
15〜16万円で得ることができます


最も特筆すべきは
ボア径が大きくなるということですね



シリンダーのサイズが、かなり太くなってます
この次世代高性能Rサスを

ニンジャに無加工で取り付けできる商品を
マーベラスオリジナルで開発中です



こちらももうすぐ完成します
これからRサス購入を考えてる方で
性能を重視する方には
禿しくオススメしますよ



それでは又次回〜ノシ
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM