N谷さん ZRXドック5

  • 2015.11.09 Monday
  • 12:22
立冬も過ぎ
暦の上では冬になりました。
(´・ω・`)

地域によっては
シーズンオフになったバイク乗りも多いことでしょう。

コチラでは、冬用のインナーなど着てると
汗ばむような陽気の日もまだあったりで
乗ろうと思えば、一年中バイクに乗れることの幸せを
今更ながら再認識してます。
( ^ω^)


さて、
スーパーバタバタモードも
少しずつ解消しています。



年末にもう一山あるはずなので
ここいらでキチンと通常に戻す努力をしておかないと
”夏休み最終日の小学生状態”に陥ることは必死

子供はそれでいいですが

いい年こいたおっさんが
ギリギリになってから慌てるような
不細工な生き様では、魂の尊厳は守れません。

困ったときこそ真面目にコツコツ
それこそが正義と信じてます(キリッ

近道と思えるルートには
必ず罠が待っていますからNE!
(`・ω・´)ゞ


さて、N谷さんのZRXもいよいよ大詰めです
一気に行きまっしょい!!!!!11



シム調整を行なったら



荒れたカム山を少し磨いて
スーパーゾイルグリスを塗布して組み込みます。
(`・ω・´)ゞ



ヘッドカバーを含むガスケット類も全て交換して



ついでに
インシュレーターも交換です。



キレイになりました!!!11
あとはキャブですね。
(`・ω・´)ゞ



オーバーホールの必要が無いくらいキレイなキャブですが
この機会にキチンとチェックして



消耗部品は全て交換致します。
新品のフロートの白さが眩しいっ!!!11
(ΦωΦ)キュピーン



キャブヒーターのプラ部分も
うっすらクラックが入っていましたので
新品に交換します。

キャンセルする機会の多い部品ですが
ノーマル状態にこだわるのであれば残しておきたい部分です。
(・∀・)イイ!!



キャブを取り付ける前にワイヤーのメンテ
インジェクターを使って潤滑剤を入れていきます。



スロットルスリーブ付近は、汚れが厳禁!
完全に脱脂します。

少しづつ溜まっていく
擦れたゴミなどもパーツクリーナーで洗い流します。

そういえば、
一昔前のハイスロなどは
アルミ製のスロットルスリーブが主流でした。

アルミ製スロットルにアルミハンドルの相性はあまり良くありません。
だんだん焼き付いてきて動きが悪くなってきます。
(内部にコーティングしているような
 手の込んだモノもあります)

今はいろんなメーカーから
様々な開度の樹脂製スロットルが販売されています。
(・∀・)イイジダイニナッタモノダ

やはり樹脂製のスロットルスリーブが長持ちもするし
オススメです!!!!11



ラジエターキャップは
クールテックのタイプS
(`・ω・´)シャキーン



ひび割れてた
ハンドルポストのダンパーも交換して



チェーンをエヌマのスリードに交換して



遂に完成です!!!!!11
ヽ(´ー`)ノ


パっと見た感じは入庫した時と変わりません。

しかし、
キチンとお金をかけて
キチンとノーマル風を維持しています!

「行き過ぎた雰囲気にはしたくない!」
このブレない姿勢も素晴らしいと私は思います。
(・∀・)イイ!!

本当に大切にされているバイクです
( ;∀;) イイハナシダナー


バイク乗りの中で言えば、他人のバイクを品評して
あれはダメ、コレはダメなんて言う
”否定厨”は嫌われ者になります。

バイクの姿形の好みは
人の数だけ正義があります

だから危険を指摘するのはOKでも
好みを否定するのだけはダメです。


”十人十色”でも”緑一色”でも
どっちも正解なんです。


ノーマルでもカスタムでも、
オーナーにとって大切なバイクであることに
変わりはないですからね!
(・∀・)





それではまた次回〜ノシ
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM