H田さんコンプリートニンジャ

  • 2020.07.27 Monday
  • 12:08

いつまでも雨で、鬱陶しいお天気ですね!

今月末から8月頭にかけて、やっと梅雨明けしそうな雰囲気です!

 

私も休日の雨の合間を狙って、弐号機で走ったりしておりますが

山奥は所々ウェットパッチが残ってたりするので

帰ってきてからの洗車にひと苦労ですw

(;´д`)

 

さて、本来ならば7月最後の日曜日は8耐なんですが

コロナの影響で延期になってます。

 

今年は”11月1日”なのでTV視聴組の皆さんもお間違えなく!

(`・ω・´)シャキーン

 

 

それでは今回より新章参ります!

 

H田さんの”コンプリートニンジャ”完成までの詳細をご紹介します!

 

車両を入庫していただいたのは2018年の8月です。

思い起こせば、実に2年前です!

 

 

 

これが入庫された当時の画像です。

前後ホイール、ブレーキ周り、アンダーチューブにラジエター

FCRに4-1マフラーと、

世のニンジャ好きカスタムのツボをおさえた、ある種”定番のチューン”が施されてますね!

とりあえず、ここまでヤッておけばニンジャは大丈夫!ですね!

(・∀・)イイ!!

 

しかし、お話お聞きすると、オーナーのH田さんの希望的には

何もかもを刷新して、全く違うバイクにして欲しい!との事。

ヮ(゚д゚)ォ!

 

前後足回り、エンジン、外装も全て交換、

今ついてるカスタムパーツは何も残さなくっていい!とのことでしたので、

 

それならば、コレは下取りして

イチからコンプリートで作り直しますか?という提案をさせていただき、

 

これを承諾してもらったので、新たにフレームから着手することになりました!

(`・ω・´)シャキーン

 

 

まずはプランニング!

実際にどのパーツをチョイスするのかって部分です!

(`・ω・´)ゞ

 

この、何をつけるかを選定している作業は

オーナーにとっても非常にwktkする瞬間だと思いますが

造り手側の私も、とても楽しいものです。

(・∀・)

 

パーツによっての互換性やバランス含め考え、取捨選択していきます。

この選定で、バイクの雰囲気の半分以上は決まってしまいます。

(最終的には塗装(外装)がメインの雰囲気を決めます。)

 

パーツを寄せ集めただけのチンドン屋になるか

独特の、”只者ではない感”を醸すカスタムバイクになるか

決定権を委ねられたも同然です。 センスの見せ所ですYO!

(`・ω・´)シャキーン

 

細かな所は、場面で判断が必要な事もありますので、

大筋のプランニングが決まったら

早速やれるところから始めていきます!

 

 

フレーム補強&190加工など、GPZ900Rフレームで

今後ネガの出て来そうな部分含め、手を入れていきます。

 

組み付けているのは溶接用の治具エンジンです。

コレをつけておかないとニンジャのフレームは

アッーという間に歪みますからNE!

 

完成させたら西村コーティングに送っておきます!

(・∀・)

 

 

エンジンは、ダエグをベースにするコトに決定!

内部のチューンナップパーツに関しては、新しいモノもどんどん取り入れていく作戦です!

 

 

早速、エンジンをバラして行きますYO!

(`・ω・´)ゞ

 

 

秘蔵の極上エンジン(私の初号機のスペアのつもりでしたw)

なので、そのまま積んでも全然大丈夫なレベルですが、

 

 

今回はフルチューンのご依頼なので、まずは分解して

内部を入念にチェック、そしてガンコートする為リアライズさんに送ります。

(`・ω・´)ゞ

 

 

エンジンも、バラバラにして箱詰めすると結構な量になります!

 

運送中にもしもがあってはいけないので

梱包にも気を使います!

(;゚∀゚)=3

 

長い長い戦いの幕開けですw

 

 

それではまた次回〜ノシ

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM