K上さん ニンジャドック3

  • 2020.06.29 Monday
  • 12:06

自粛も明けて、

2020シーズンがやっと始まった感のあるバイク乗り達の

タイヤ交換やオイル交換等、日帰りレベルの軽作業オンパレードで

毎日バタバタしております。

(;゚∀゚)=3ハァハァ


6/27(土)は、2年ほどお待たせしておりましたH田さんのコンプリート車両が

やっと完成し、雑誌”ヘリテイジ&レジェンズ”さんの取材を受け、車両撮影をしておりました!

 

 

この車両は、現時点での私の集大成的な位置づけでかなり気合を入れて制作しました!

(`・ω・´)シャキーン

 

最後、もう少しダメ出しがありますが、後日シリーズでご紹介致しますね!

(`・ω・´)ゞ

 

 

さて!それではK上さんの続き!参りましょう!!!!11

 

 

キャブレターのO/Hもお聞きしてるので

キャブをハズしていきます!

 

GPZ1100エンジンの色って、元々濃いブルーメタリックなんですが

コレは缶スプレーの耐熱ブラックで塗ってる感じです!

私も、エンジンは黒が好きです!

(・∀・)イイ!!

 

ただ、チョット時間が経ってるのか腐食が結構来ています

(´・ω・`)

 

 

キャブレターの外側も結構なコナコナです。

海が近かったりするとしょうがない部分もありますが

常に表面を油でコーティング(ラスペネ等、ゴムを侵しにくい潤滑油)

しておくと、かなり効果があります。

 

とにかく乾燥ダメ!絶対!。です!

(`・ω・´)ゞ

 

 

キャブハズしてる時にちょっと気になりましたが

この社外品プラグコード&キャップ稀に見ますが、

 

コイルへの差し込みがキチンと処理されてなかったり、

いかにも抵抗のありそうなアダプターで無理くり連結されてたりする車両の印象が多く

私はあまり好きじゃないです。

(´・ω・`)

 

キチンと取り付ければそれなりの効果ありますが、

おざなりな処理ではノーマル以下の性能しか出ません。

(´;ω;`)ブワッ

 

普通に使う場合のプラグキャップは

純正が一番性能が安定かと思いますYO!

(`・ω・´)ゞ

 

 

K&Nのコットンフィルターはかなり激しく汚れていたので

中性洗剤でキレイに洗います!

この後で専用の赤いオイルを塗布するのですが、

DIY派の方で、このオイルを”塗りすぎる”方が稀にいらっしゃいます。

 

「急にエンジンがかからなくなった!」

と焦ってご連絡いただいて、

「特に変わったことはしていない!(キリッ」と話してたクセにw

 

「フィルターがオイルでドビドビで、空気吸えてないやないかいッ!wwww」

ってケースが稀によくありますw

 

お医者さんでもそうじゃないかと思うのですが、

問診って結構大事なんです。

 

ちょっとしたことでもいいので、変わったコトや気がついたコト

いつもと違うことをした場合は、キチンと報告してくれると

診断の検索対象が絞られてくるので、特定までの時間がぐっと減ります!

ダイ(・∀・)ジ!!

 

また、

この世界の故障診断の鉄則ですが、

”問題が出たらまず元に戻せ”

って格言があります。

 

普通に動いてた車両ならば、

手を入れた部分が問題なのか、そうじゃない部分が新たに故障したのか

の判断が容易に出来るからです。

 

結構大雑把でも動いてしまうモノもあれば

本当に繊細な調整が必要なモノもあります。

 

変にいじくって故障箇所を増やす前に

プロにお任せするのをオススメしますYO!

(`・ω・´)シャキーン

 

 

 

 

さて、ではキャブをバラしていきます!

中は外に比べ随分キレイです!

(・∀・)イイ!!

 

 

っと思ったら、フロート室の中には大量の錆ががが

('A`)

 

こりゃタンクの中、ヤバそうな雰囲気ですね

(´;ω;`)

 

 

スライドバルブバラして不動バルブをチェックします。

ゴム類は全て交換します!

(`・ω・´)ゞ

 

 

かなり端っこがささくれてガサガサになってます。

FCRは、ガチャガチャ音が大きくなってきたら要注意だと思って下さいNE!

(`・ω・´)ゞ

 

 

不動バルブの表面処理が少々剥がれてるのはご愛嬌ですが

この工具の先で示した部分は、明らかにナニカに強く押されて凹んでます。

ヮ(゚д゚)ォ!

 

左側の不動バルブにも

石か、アルミのカケラのようなモノが挟まって凹んだような痕があります。

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

 

合わさる部分にも同じような凹みがありますね・・・

この2個の不動バルブは交換ですッ!

(`・ω・´)ゞ

 

 

新品はキレイですね!

(・∀・)イイ!!

 

でも、このテフロン加工的な表面処理って、すぐに剥がれてしまうので

予算がある場合は、WPC処理などを施すのもオススメです!

 

ただ、これも消耗品なので10年以上も連続して使うものではありません。

レーシングパーツは寿命が短いものが多いので、適切な交換頻度が必要ですYO!

(`・ω・´)ゞ

 

 

 

 

それではまた次回〜ノシ

|彡サッ

 

 

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM